アトピー肌に必要なのは、肌の表面の保湿と肌の内部の保湿!?

アトピー肌に必要なのは、肌の表面の保湿と肌の内部の保湿!?

アトピー肌に必要なのは、肌の表面の保湿と肌の内部の保湿!?

アトピー性皮膚炎になると、肌がどんどん乾燥して痒くてたまらない!保湿クリームはたっぷり塗って表面はベタベタになるくらい保湿しているのに痒みが治らないのは「肌内部」が乾燥しているからかもしれません。

 

アトピー性皮膚炎に効果のある保湿のやり方をご紹介します!

 

 

肌表面だけでは効果なし!?大切なのは「内部」だった!

肌

 

アトピー性皮膚炎は、肌のバリア機能が壊れてしまっている状態。
肌の表面がガサガサになってしまうと刺激物が肌に入り込みやすく炎症が起こりやすい肌になってしまいます。
そこで必要なのは「肌のバリア機能を高める保湿剤」
これはクリーム、ホホバオイル、ココナッツオイルなど、オイル系がよく使われます。

 

ただ、クリーム系やオイル系の保湿剤を使うとある程度のガサガサは抑えられますが痒みはなかなか抑えられません。これは肌内部がまだまだ乾燥しているから。

 

顔のお手入れをする際も同じ事で、最初に化粧水などで肌に水分を入れてから最後にクリームやオイルで蓋をするのが一般的。

 

表面のバリア機能だけ向上させても肌内部の保水が出来ていなければアトピー性皮膚炎はよくならないんです。

 

 

肌内部の水分量を上げるにはどうすればいいの?

水分

 

アトピー性皮膚炎の場合、肌の保水力が低下してしまっていて乾燥しやすい肌になっています。
ちゃんと内部まで水分を届ける事が必要になるのですが、アトピー肌の場合いろいろな成分が入っている事で逆に肌の負担となる場合があります。

 

美白効果、シワやたるみを消す効果、肌にツヤを与える効果。顔のお手入れをする際は魅力的なものでもアトピー性皮膚炎のお手入れをする際には不必要な成分はなるべく省くようにしてください。
出来るだけシンプルな化粧水を選ぶようにして、肌にしっかり浸透するものを選びましょう。

 

肌がジュクジュクしている時はあえて化粧水を使わず、ミネラルウォーターなどの水をそのまま塗り、その上からクリーム、オイルの順番で徹底的に保湿してください。

 

ただあまりにも悪化してしまった場合は自宅でケアするだけでは良くならないかもしれないので、早めにお医者さんに見てもらってくださいね。

 

世界で唯一のプロポリスのチカラ、アトケアプロの口コミを調査!

 

ホーム RSS購読 サイトマップ