両親ともにアトピー体質!子どもに必ずアトピーが遺伝する!?

両親ともにアトピー体質!子どもに必ずアトピーが遺伝する!?

両親ともにアトピー体質!子どもに必ずアトピーが遺伝する!?

両親揃ってアトピー持ちだったら、子どもには100%アトピー性皮膚炎が遺伝するものなのか。
子どものためにも気になる疑問を調べてみました♪

 

 

両親がアトピーでも遺伝しない場合がある!

アトピー

 

父、母ともにアトピー性皮膚炎を持っている場合でも子どもに100%、アトピーが遺伝するわけではありません。

 

実は両親のどちらかがアトピー性皮膚炎を持っている場合に子どもがアトピーを遺伝する確率はおよそ30%。
両親ともにアトピーを持っている場合でも、子どもがアトピーを遺伝する確率は50%ほどなんです。

 

もちろん、アトピーの原因は必ず「遺伝」であるわけではないので、両親どちらもアトピーを持っていないにも関わらず子どもが発症してしまうケースもあります。

 

遺伝だけが全てのものではないので、生活習慣や食生活などに気をつけながら、アトピー性皮膚炎を「発症させない環境」を作ってあげる事が子どもにとっても一番の事になります。

 

 

どうすればアトピーを発症しにくい環境を作れるの??

食生活

 

現代の日本人の生活は、便利になった一方でアトピー体質になりやすい状況にあります。

 

食生活は動物性たんぱくを中心としたものになり、牛乳の摂取量は戦前に比べかなり増え、カップ麺やハンバーガーなど、添加物たっぷりの食品が野菜などよりも多く食べられるようになりました。

 

このような食生活や化学物質たっぷりのシャンプーなどがアトピー性皮膚炎の発症リスクを大幅に高めているんです。

 

特に赤ちゃんや乳幼児は、お母さんの食べたものが母乳に移行したり、消化器官がまだまだ未発達なので食べたものや添加物など有害なものの影響がすぐに出やすい傾向にあります。

 

子どもの食生活でアトピー性皮膚炎を発症するリスクを高めないようにする事はとても大切な事。大人になってからもストレスを溜めすぎたり体にとって負担に感じる事はアトピーの発症リスクを高めます。

 

様々な要因で発症するアトピー性皮膚炎ですが、原因を少しずつ排除する事で確実にリスクを減らす事が出来ます。

 

遺伝だからと諦めないで、生活習慣を一度見直してみる事も必要かもしれませんね。

 

アトケアプロは楽天で買うのが得なのか?!

 

ホーム RSS購読 サイトマップ