赤ちゃんのアトピーって治療可能?乳児湿疹と何が違う??

赤ちゃんのアトピーって治療可能?乳児湿疹と何が違う??

赤ちゃんのアトピーって治療可能?乳児湿疹と何が違う??

赤ちゃんの肌トラブル。乳児湿疹だと思って保湿クリームを塗ってケアしていたら、実はアトピーだった。
こんな経験をしたお母さん、たくさんいますよね。

 

赤ちゃんでもアトピーの治療は出来るのか。乳児湿疹とアトピーの決定的な違いとは何なのか、赤ちゃんアトピーの対処法をご紹介します。

 

 

これって乳児湿疹?それともアトピー!?2つの肌トラブルの見分け方

乳児湿疹

 

実は乳児湿疹とアトピーは症状がかなり似ているのでお医者さんでも見分けるのが難しい、と言われているんです。なので素人目で判断できないのは当たり前。

 

ただ、アトピーの場合は良くなったり、悪化したり…を繰り返す慢性的なものなので、2ヶ月以上湿疹が良くならない赤ちゃんの場合はアトピーを疑ってみて下さい。

 

乳児湿疹は特に頬やおでこなどの顔に出やすいものなので、顔を中心に湿疹が出ている場合は乳児湿疹を、対して、ひじやひざの裏、耳の付け根の部分が痒くなったり切れていたりする場合はアトピー性皮膚炎かもしれない、と思った方が良いでしょう。

 

 

赤ちゃんのアトピー肌って治療できる?アトピーになったらどうすればいい?

治療

 

赤ちゃんの湿疹に対しては、ほとんどの場合が乳児湿疹の治療から入ります。
それでも良くならない場合はアトピー性皮膚炎と診断され、アレルゲンの除去などの処置をする事になります。
赤ちゃんの場合でもアトピーのステロイド治療は有効なので、悪化して辛そうならステロイドを使用する場合が多いです。

 

アトピーになると「肌を清潔に保つこと」が治りを良くする第一歩となります。
でも、赤ちゃんの肌をきれいに保たなきゃ!といった思いでしっかり肌を洗う事を優先してしまうことも多いのですが、アトピー性皮膚炎の場合は洗いすぎも肌への刺激となります。
あまり神経質にゴシゴシ洗うのではなく優しく低刺激なものを使ったりすすぎ残しなどがないようにケアするのが大切です。

 

そしてお風呂上がりの保湿は絶対に忘れないようにしましょう。肌に水分が残っているうちに、優しくクリームを塗り込んであげると保湿力が上がりますよ。

 

世界で唯一のプロポリスのチカラ、アトケアプロの口コミを調査!

 

ホーム RSS購読 サイトマップ