アトピー性皮膚炎で痒みが起こるのは何故?家庭でのケア方法は?

アトピー性皮膚炎で痒みが起こるのは何故?家庭でのケア方法は?

アトピー性皮膚炎で痒みが起こるのは何故?家庭でのケア方法は?

大人でも辛いアトピー性皮膚炎。

 

年齢性別問わず、なる人はなってしまうものですよね。
アトピー性皮膚炎は耐えられないほどの「痒み」が起こるのが特徴ですが、何故アトピーになると肌が痒くなるのか。家庭でのケア方法はどんなものがあるのでしょうか。

 

 

何故アトピー肌になると痒みが起こるの?痒みは止められる??

痒み

 

アトピー性皮膚炎になると、角質層と呼ばれる肌の表面部分が乾燥してしまう事でさらに痒みが悪化していきます。
痒みを知覚する「神経線維」と呼ばれる部分が、角質層が乾燥することによって真皮層から角質層へ侵入、それが原因で少しの刺激すら痒みを起こすきっかけとなってしまっているんです。

 

痒みがおこって掻き毟ることでどんどん肌は乾燥していき、この悪循環を繰り返すこととなります。

 

なので痒みを抑える最大の方法は「肌の乾燥を防ぐこと」になるんです。

 

 

病院に行かないと治らない?家庭でのケア方法とは?

病院

 

アトピー性皮膚炎になるとほとんどの人が病院へ通うこととなります。
これは適切な治療をしなければ本人にとってかなりの負担となるものだからです。

 

痒みが強くなることで夜寝られなくなってしまったり、掻き毟る事で皮膚状態が悪化して、下手をすれば跡が残ってしまう事も。

 

これらを避けるためにも、アトピー性皮膚炎になってしまったら早めに病院で適切な治療をしてもらう事をオススメします。

 

病院では外用療法であるステロイドの塗り薬や非ステロイド消炎薬などが処方されます。
痒みを抑えるために内服薬の抗ヒスタミン剤が処方される事も多いです。

 

家庭でのケア方法としてはやはりスキンケアの徹底が大切となります。
刺激の少ない石鹸などを使い、タオルやスポンジでゴシゴシ洗う事を避けたり、保湿剤を塗る。
さらに、辛い食べ物を避けたりアルコールなどの刺激物も避けたほうが無難です。

 

アトピー性皮膚炎になると、精神的にも落ち込みストレスが溜まりやすくなるのですが、そのストレスさえもアトピーの悪化の原因となりうるので、ストレスも上手く発散出来るといいですね。

 

世界で唯一のプロポリスのチカラ、アトケアプロの口コミを調査!

 

ホーム RSS購読 サイトマップ