アトピーの治療には必ずステロイドが使われるの?その理由とは

アトピーの治療には必ずステロイドが使われるの?その理由とは

アトピーの治療には必ずステロイドが使われるの?その理由とは

アトピー性皮膚炎になった際の治療はほとんどの場合が「ステロイド」を使用します。
でもステロイドって依存症になったり、やめると途端にかゆみがぶり返すようになってさらに悪化してしまったり…とあまりいいイメージがないのも確か。
何故アトピーの治療にステロイドばかりが使われるのか、その理由を調べてみました。

 

 

ステロイドは怖くないって本当??

アトピー

 

ステロイドは炎症を抑える作用が他の外用薬よりも高く、アトピー性皮膚炎の治療には適していると言われています。

 

アトピー性皮膚炎になると皮膚のバリア機能が破壊されてしまうので、真皮層にある神経線維が表皮に侵入してしまうことで強い痒みを伴います。

 

この際に出る炎症物質を抑える効果があるのがステロイド。
ステロイドは真皮で拡張した毛細血管を縮めることもでき、これにより皮膚の痒みを大幅に抑えることができます。

 

痒みがなくなることで皮膚のバリア機能が回復し始め、アトピー性皮膚炎の肌は徐々に回復に向かいます。

 

痒みをグッと抑えて一気に直すステロイドと、痒みを少し抑えることのできる外用薬。アトピーを持つ人のストレスや負担を考えると、今のところアトピー性皮膚炎にはステロイド治療が一番だと考えられているんです。

 

ステロイドは確かに使用し続けたり、用量を守らず使用するなど使い方を間違えると危険も伴う薬ですが、医師の指示に従って使うことは危険なことではありません。

 

 

アトピーにステロイドを処方しないお医者さんもいる!?

ステロイド

 

アトピーにはステロイド、というのを全てのお医者さんが思っているわけではありません。
中にはステロイドを処方せずに治そうとするお医者さんももちろんいます。

 

乳幼児のアトピーにステロイドを処方するのは日本ぐらいなもの。と言われているように、海外ではあまり小さな子どもにステロイドを処方することは勧められていないんです。

 

どの治療法が正しいのかは、アトピー性皮膚炎の原因がハッキリしていないので分かりませんが、自分にあった治療法で痒みを抑えることができるのが一番。
ステロイドを怖いものだと思って使わずに苦しい時間を長く過ごすよりも適切に使って早く治すほうが良い場合もたくさんあるんですよ。

 

世界で唯一のプロポリスのチカラ、アトケアプロの口コミを調査!

 

ホーム RSS購読 サイトマップ